スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月度 目標

【テーマ】
・インパクトの瞬間を見る癖をつける(ストローク)
・ストロークフォームの改善
・サーブの安定化

【詳細】
・インパクトの瞬間を見る癖をつける(ストローク)
前月のボレー時に引き続き、今月はストロークの際のインパクトの瞬間をみる癖をつける。
ストロークについても、「しっかり見ているか?」と言われると、断言できない状況なので、断言できるように意識することと、ストローク時の打点の位置を見直す意図がある。打点位置については基本的に体に近い場所でインパクトしているので、結果としてフォームが小さくなってしまい、無理にラケットを振るような状態になっている為、安定していないということが考えられる。
改めて打点位置を確認することで、今後の課題に繋げていきたい。

・ストロークフォームの改善
いまでも苦手意識のあるストローク。以前よりは苦手意識が少なくなったが、果たして手打ちになってはいないだろうか?腰を落としているだろうか?無理に回転をかけようとしていないか?余裕のある時にもオープンスタンスになっていないか?こういった部分を見返し、自分の武器となるように昇華させていきたい。

・サーブの安定化
先月より課題とは別に取り組んできたサーブであるが、インパクト時の抜け方に違和感を感じる。スッキリと打てていないので、フォームが悪いのか、トスが悪いのか、今月は課題として取り上げ、確認していく。
最終的には自然に流れるようなフォームで引っ掛かりがない感触で打てることを目指していきたい。

なお、前月に引き続きスプリットステップは当然のように行うことし、より早い反応を心掛ける。
特にリターンについては、前月で目標に取りあえず到達したが、引き続き意識して行うこととする。



・インパクトの瞬間を見る癖をつける(ストローク)

・ストロークフォームの改善

・サーブの安定化

<その他>

<今日1番のトピック>

<まとめ>


10/29練習

・インパクトの瞬間を見る癖をつける(ストローク)
意識出来ない。違う方法を考える必要がある。

・ストロークフォームの改善
どうもまだまだ硬い動きをしているとのこと。もうここまで来たらわからんし、それでもいいや。直るならとっくに直してる。
フォームもそうだが、ラケットヘッドを落とさないとふかす。これは確実。ラケットヘッドを落とすことに意識する。

・サーブの安定化
試合があってから、よく分からなくなった。トス位置が悪いんだろうね。気持ちいいあたりがなかなかない。



10/27練習

確認も何も、試合の悔しさしか頭に無かった。
あの時、少しでもストロークに自信が持てていたら・・・?
ストロークするしか頭に無かった。
強打するのがいいわけでもないのに。



10/24試合

4戦して1勝3敗。初戦は4-6で負け。この試合は取れない試合ではなかったと思う。いつもとクラスが一つ上にあがったのと、いつもと違うペアだからか?緊張してしまったようだ。徐々に緊張がほぐれ、いつものプレーに近づいていったと思うが、最終的に自分のプレーが出来たのはほんの少しであった。

今回の試合では、ストロークへの苦手意識が前面に出てしまい、他のプレーにも影響を与えてしまったように思う。とは言え、深刻なまでの影響とまではいかなかったが、ベースラインあたりでのプレーは消極的なショットになっていたのは自他共に認める結果である。プレッシャーを感じたりすると、どうしても思い切ったプレーが出来なくなり、この日も同じであった。

ボレーについては普段の練習から自信を持って出来るプレーと認識しているため、試合であっても練習ほどではなかったが、不安要素を抱えずに出来た。「ストロークがダメだならボレー戦に持ち込めばいい」と思えるほど今の自分の中の支えになっているショットである。但し、やはり緊張のせいか、ボレーするだけのボレーになっており、打つ場所や方向を瞬時に判断してプレーは出来ていなかった。これはボレーがダメだというよりも、場の雰囲気に飲まれていたのが原因であり、ボレーについて悩むことではない(場に飲まれた、という現象について改善する方が先決であり、効果が大きい為)

サーブについては、要所でダブルフォルトを出してしまったが、入れる事よりもどこに打つかを考えられるほどの自信はついてきたと感じる。とは言え、ネットすることが多かったので、プレッシャーにさらされていたことは否めない。ネットするということはおそらくフォームが小さくなり、手打ちになってしまっていたという事だろう。相手がフラットで打つことに対して、自分がそれに比べると弱いサーブであることに焦りを感じたが、コースを選んでサーブすることも出来ていたし、リターンエースを受けることもなかったので、火急に対策をする必要性はなさそうだ。
ただ、フラット・スライスに対してスピンサーブはトス位置が変わる為、中途半端な状態でこの3種類を打つのはどうなんだろうかと思う。フラットをスライスは両者ともに似ているのでこの二つを軸にするのもいいかもしれない。スピンサーブは上手くいけば変化するが、失敗すると単なる弱いサーブになるので、何度も打てないサーブとなってしまう気がする。

<まとめ>
ボレーに取り組んできた結果、試合でもストレスを感じずに出来たが、その反面、変な余裕があり早いボールには反応しても、ゆるいボールはミスをすることが多々あった。そして何よりも試合に飲み込まれてしまって、プレッシャーから解き放たれることがなく、必要以上に緊張をしてしまった。
普段からストロークを避ける傾向がある為、引き続き課題とすると共に、苦手意識の克服を目指したい。




10/22練習

・インパクトの瞬間を見る癖をつける(ストローク)
見ているのかな?見ていないのかな?よくわかりませんねぇ。

・ストロークフォームの改善
フォームだけに集中すれば意識は出来るけど、いざゲームになると他に意識することが出て来て中々フォームだけに集中することが出来ない。と、言うよりもそもそもゲーム中に意識なんてしないだろう。意識しようとしている範囲が広すぎて、結局で来ていないってことではないかと考える。いま大切なのは腰を下げる事or左手を出すこと。どちらかと言えば効果が出やすいのは腰を落とすことだと思うので、これだけをまずは意識するようにしよう。

・サーブの安定化
昨日ほどではないけどもまあ出来たかな?トスが手前になってフラットがオーバーアウトしていたから、この辺はその場で対処できるようにしたい。(上手くいかない原因を解明して問題をクリアにする能力)
スライス/スピン/フラット/ユルフラット/ユルスピン
こんなんが通用するのも次のクラスまでだろうな・・・。

<その他>
中盤からゲームを立て続けにやった為、疲労が重なり思考が停止するし、プレーも雑になっていたと思う。普段から足を動かしているから連続すると体力が削られるのだと思う。もっと体力を増やすか、無駄な動きを排除するか。無駄な動きの認定が曖昧だからこれは難しいだろう。普段からもっと動き回って体力をつけるしかないかな。



10/22練習

・インパクトの瞬間を見る癖をつける(ストローク)
打つ直前までしか見れていない。しかし、打つために打球をよく見て、ショットする位置に入ろうとはしている。

・ストロークフォームの改善
素振りの効果が徐々に出て来ていると感じつつも、ゲームになるとフォームまで頭が回らない。ゲーム以外でも腰をしっかり落としているのか確認が出来ない為、不安が残る。バックはいい時はいいけど、悪い時は悪い。つまり安定していないので、これはしっかりとポイントを確認しながら素振りを続け、癖をつけていくしかないと感じている。あと、フォームを気にするあまり、ショットが強くなっている。強くショットする必要はあるのだろうか?強くショットしなくても、フォームを意識して打つことは出来ないだろうか?初心者レベルが強く打ったところで返されるのがオチである。しっかりを反省をするとともに、強く打ってもスピンがかかっている為、アウトしないというのは本当に気持ちがいい。

・サーブの安定化
今日は力強いスライスを打てた。あれ?こんなスライス打てたっけ?って感じで打てた。でも”なぜ打てたか”がわかっていないから、そのうちに打てなくなると思う。一つ思い当たるとすれば、素振りの際に腕のスイングを高くしたのが要因かもしれない。だけど、もうちょっと検証は必要だと思われる。ただ、スライスを打っているはずなのにスピンがかかっていたりしてよくわからない状況もあった。これは球種の選択、コースの選択を行う際に少々問題になりそうだ。

<その他>
今日は全てミックスのペアと組んだ。試合前と試合中は技術的な事を言っても仕方ないので、盛り上げることを重点的に行っていたが、今は試合も控えていないので、ちょっと冷たく当たってしまった。こちらとしては明らかに決めに行く(決められなくても決める姿勢はする)ボールなのにしなかったのが気に入らなかった。では自分は完璧なプレーが出来ていたのか?と言われればYESなんて言えないが、今後上のクラスで勝負していくなら当然に行っていかないといけないことであるので、どうしても気持ちが覚めてしまった。
でも、自分の頑張ってほしい気持ちはよくわかるが、相手はどうだろう。自分も他の人にそういう態度を取られて苦しかったのではないか?結果に対して良し悪しを言うのは必要だが、出来なかった事をせめても仕方ないじゃない。自分はそれが悔しくてこうして自分で課題を明確にして、練習の度に課題に対してそうだったかを反省して、次回はどうするかってしているのではないのか?やられて嫌だったことを他の人にしてどうする。どうしたら一緒に成長できるかを考えたらいいのではないの?ちょっと出来る様になったからと言って天狗になるのは自分の悪い癖だ。気をつけよう。

3度ほどトップ打ちを試みたが全てネットに突き刺さる。トップ打ちの際にグリップを持ち替えているが、ネットするなら通常のフォアと同じグリップにしたらどうだろうか?試してみる価値あり。




10/17練習

・インパクトの瞬間を見る癖をつける(ストローク)
ボールとラケットが当たる瞬間は見ていないが、当たる直前までは見ていると思う。今はインパクトの瞬間を見る事よりも、フォロースルーや腰を落とすことに意識がいってしまっていて、意識的には薄くなっていると思う。

・ストロークフォームの改善
フォロースルーへの意識は徐々に出来ているが、まだ足りない。無意識の状態でも出来る用意になるまでは続ける必要がある。
腰を落とすことの意識が低かったが、今日の練習で指摘され、こちらも意識をしていく必要があると思った。思ったよりも腰が落ちていなかった。そして少しラリーしただけでも非常に疲れた。いかに自分が出来ていないということがわかった。

・サーブの安定化
ほぼダブルフォルトはなくなった。サービスエースや相手を負かしてやろうという気持ちが無くなって変に力まなくなったせいかもしれない。今後はスライスやスピンサーブの精度を上げてコースを狙えるように努力する。とくにスライスはフォア側の場合、相手のフォア側へ行くことが多いので、相手からしたら打ち頃になっていないか、考える必要がある。

<その他>
今度一緒に試合に出るペアとゲームを行う。お互いにどういうプレーかわかっていないので、若干のとまどいはあれど、許容範囲だと思われる。



10/14練習

・インパクトの瞬間を見る癖をつける(ストローク)
打つ手前までは見るが、打つ瞬間は見れていない。

・ストロークフォームの改善
先週から素振りの際にフォロースルーを意識して取り組んでいる。
練習中もストロークをする際にはフォロースルーをすることを意識しているが、効果はあまり出ていない。
引き続き続けて意識しなくても出来る様にする。

・サーブの安定化
試合の際にぬるいサーブがほぼ100%入った。そのままでは今後は使い物にならないが、いいサーブを打とうとしてガチガチになっていたのではないか?と疑問に思った。ぬるいサーブは気負いせず、リラックスしてサーブ出来ていた。力みが悪影響を起こすかもしれないので、いいサーブ、綺麗なサーブを打つことを重点に置くのではなく、自然に打てるサーブを模索したい。もちろん、今までやったフォームを元にして。

<その他>
ボレーの調子がいい。ボレー合戦になっても、次にどこを狙おうかと考える余裕がある。次のステップはなんだろうか。狙った方向に打てても精度が思っているよりもないので、そこかな?あとは、ドロップを打てるようになれば幅が広がるように思う。



10/8練習

・インパクトの瞬間を見る癖をつける(ストローク)
見ているつもりだが、当たる直前ぐらいで目を離しているように思う。意識をすれば、インパクト直前まではボールを追うことが出来る。但し、他の人と話をしたところ、プロでもインパクトの瞬間は見ていないのではないか?という結論になった。確かにインパクトの瞬間をしっかり見ているかどうかは怪しいと、自分でも思う。が、引き続き見る様に意識する。

・ストロークフォームの改善
今日は振り切る事を意識した。振り切る事でボールにスピンがかかっていたように感じた。やはりしっかりとフォロースルーを行うことは重要なのだ。だが、ゲームになるとその意識がなくなってしまった。素振りを繰り返すことで徐々に体に覚えこませていく。

・サーブの安定化
セカンドでスライスを打とうとすると、吹かしたような状態になる事がここ最近、目につく。もちろんオーバーアウトする。セカンドサーブと言うプレッシャーと、そのプレッシャーによる思い切ったスイングが出来ない→縮こまる現象が起き、うまくいっていないように思う。
そもそも自分が思うよりもトス位置が手前のように思う。フラットを打とうとすると、右手のスイングが窮屈な感じを受けることが出来る。決してスムーズに打てていないと思い続けている。トス位置に問題あると思う。
ただ、後半に思い切ってトス位置を前にしてみたらスムーズにいくことがあった。今のサーブフォームに対する最適なトス位置を早く見つけ出したい。

<その他>
前回はペアをかばおうと必死になり、結果として崩れる、或いは無理に決めに行き、決められずに簡単に反撃されるということがあったので、今回はお互いの守備位置はしっかりと守ることを念頭にプレーした。敵を見ながら、且つペアも見ながらプレーするほど自分は上手くないという戒めでもある。結果として自分のプレーに集中することができ、スムーズに攻めることが出来たと思う。



10/6練習

・インパクトの瞬間を見る癖をつける(ストローク)
全く見ていない。見る癖をつける必要がある。インパクトの習慣よりも、ボールの行方が気になってしまっている。
もっとインパクトの瞬間をみる意識を持つ。

・ストロークフォームの改善
 ・膝を曲げ
 ・左手を前に出し、打点へ移動して ←重点課題!
 ・テイクバックを早く
 ・フォロースルーをしっかり

練習時は意識する余裕があるので、出来たかどうかは別として、意識は持つことは出来ていた。
しかし、いざゲームとなると、流れに身を任せてしまい、汚いフォームになっている。
ビデオを見ると、左手が出ていないのと、フォロースルーが出来ておらず、途中で止まってしまっている(ボールがアウトするのが怖い為)のが散見された。見ていてかっこよくないし、結局ボールもいいボールを打てていなかった。しっかりとしたフォームを身に着ける為にも、上記の注意点を意識する。

・サーブの安定化
ビデオを見る限り、サーブのフォームは素振りをしている成果が出ており、綺麗だったと思う。しかし、打つ瞬間の右足の動きが気になった。右足が左足の後ろではなく、右側に来ているので、体が開きやすくなってはいないか心配。素振り時にも注意してチェックしたい。

<その他>
上手いと思っているのか、全体的に雑なプレーが多かった。フォアボレーは完全にラケットを振っていたし、ストロークも手打ちになっている。本当にかっこ悪い。ここまでかっこ悪いとは思わなかった。ボレーは最近、少し出来る様になったと勘違いしているのが表面に出て来ていると思う。
それとゲーム中、センターに寄る事が非常に多い。おそらくペアをかばおうとして無意識そうなっているのだと思うが、守備範囲が狭くなっているうえ、サイドを抜くことがたやすい。自分が敵だったら躊躇なく狙うスペースである。
ペアが心配なのはわかるが、二人で行うスポーツのなので、ある程度の線引きはしてプレーする気持ちが必要だと思った。



10/3練習

・インパクトの瞬間を見る癖をつける(ストローク)
見ているような見ていないような。ショットした後にどうしてもボールの行方が気になり、そっちを見てしまうのが優先されている気がする。そうではなく、しっかりとショットを見た後に、ボールの行方を見る様に注意する。

・ストロークフォームの改善
アップの際に副団とラリーをさせて貰ったが、その際に気持ちよくストローク出来たように思う。
これは副団が上手いので、こちらの打ちやすい場所に返球してくれたというのも勿論あるが、腰を落として左手をしっかり前に出しでショットするといいボールが打てたように思う。
しかし、いざ練習で球出しの時にはどうにも感覚が違った。
ゲーム中のプレーを見ても、左手を出すことはほとんど無いし、オープンスタンスばかりだった(たまに意図しないクローズスタンスもあったが)。そして膝が曲がっていないという特徴があった。

 ・膝を曲げ
 ・左手を前に出し、打点へ移動して ←重点課題!
 ・テイクバックを早く
 ・フォロースルーをしっかり

これを忘れずに行っていく。

・サーブの安定化
ビデオを見る限り、トスの高さはそんなに気にならなかったが、プレーした際にトス位置がバラバラになっていることが多かった。特にプレッシャーを感じるとトスが手前になり、左に流れる傾向が多いと思う。トスをあげるのに、ボールを置いてくるというイメージが出来ていないからだと考えられる。トスは手先で上げるのではなく、手のひら全体であげるものであることを忘れないようにする。
ショットについては、ファーストとセカンドで振りが変わっている。それとは別にショットする際に前に流れる傾向が強いように思う。前に流れることで、トス位置が手前になり、オーバーアウトになる要因となっている。スライスやスピンサーブの時は手打ちになっているように思う。手打ちになる為にボールがショートしてネットしている。スライスやスピンを打つ場面はセカンドでの場合は多い為、プレッシャーを感じてフォームが小さくなってしまうのとダブルで悪影響を及ぼし、結果的にネットしているように思う。
ファーストサーブの為のセカンドサーブではなく、セカンドサーブを2本打つつもりでサーブを行う。それが出来る様になったら徐々にスイングスピードを上げて行くようにする。

 ・ファーストでもセカンドでも振りきる
 ・ファーストは思いっきり打つというイメージを捨てる。セカンドを2回打つつもりで

<その他>
初めてビデオにプレーを撮影したが、自信がない=うまく出来ないプレーはぎこちないというか、フォームが綺麗でない。ストロークについては左手が出ていないし、腰も曲がっていない。あれでは失敗して当然だと思う。逆にそこを改善すれば伸びしろはあるということなので、積極的に完全する意識を持って練習にあたる。
悪い点が目立つ中でも、ステップはしっかりと行っていたのでこれは評価できると思う。あのステップがあっての、素早い動きである。



10/1練習(雨天)

・インパクトの瞬間を見る癖をつける(ストローク)
雨天でボールが水を吸って重くなり、バウンドもしずらく低いく、ストロークを控えてボレー中心にいった為、意識が薄かった。見ているとは思うが、おそらく見ていないと思う。水たまりがない日に再度、確認する。

・ストロークフォームの改善
雨の為、ボレー中心だった為、ストロークする意識が薄く、注意する気持ちも薄かった。
次回に再確認する。

・サーブの安定化
最初の2~3ゲームは安定したサーブを打てていたが、それ以降はサーブの仕方を忘れたかのようにギクシャクしてしまった。
ミスの主だった原因はオーバーアウトすることと、インパクトの瞬間を見ることが出来なかったこと。
2点ともにトス位置が手前過ぎたことが原因であると思う。トス位置が手前なのでサーブ時に内転がうまくいかず、面が上(正面)を向いてしまったからと思う。さらに、トスが手前と言うことは、自分の視点からボールが外れてしまう為、途中まではボールを見ていても、肝心のインパクトの際に視界から外れてしまうと思われる。
この点を忘れずに、調子が狂った際の見直すポイントとしたい。

<その他>
雨の日は野々村さんが言うようにボレーやスライスなどを中心に攻めると楽になる。
低いバウンドの水を吸った重いボールはストロークするには技術が必要で、低い位置から引っ張り上げないといけない為、ネットしやすいので注意が必要。

<今日1番のトピック>
前衛対決でフォア側へボレー、バック側低めへボレー、浮いたボールを落ち着いてショット、のコンボを決めた事。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
プロフィール

室伏(弟)

Author:室伏(弟)
世界で一番愛する妻との間に出来た子供3人(長女・長男・次女)のとーちゃん。
2013年4月に三重から岡山へ引越し。新しいフィールドで新たに釣りを楽しんでいます。
そして最近では釣りそっちのけでテニスにのめり込む日々でございます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。