スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣り道とは!

釣り道とはなんぞや!?

・・・・とは言え、そんな仰々しい物でもないんですけどね。
そんなに深く掘り下げられるほど、釣りやってませんし(ノ_・。)

でも、今の釣りに疑問を持っていることは確か。


思い返せば幼稚園から竿を握ってました。
まぁ、親父の影響なんですけどね。
サビキで鰯を釣っては、晩飯になってた気がします。

中学生になったころから、親父と一緒にフカセでグレを釣り始める。
でも、大して大きいのは釣れなかったなぁ~。
たった一度だけ、鹿児島の磯に渡ったとき、竿をのされたっけ。
あれは焦ったなぁ。

あれよあれよと社会人になり、家族が出来て、一人で釣りを始めた。
けど、釣れない。昔ながらの釣り方。
でも一番やりなれた方法だからと続けたけど、結局は心が折れる結果に。
気分転換に投げ釣りを始め、ルアーを齧り、海上釣堀に足を運び、我ながら視野が広がった。
まだまだ全然だけど、昔に比べれば情報量が格段に上がってると思う。

だけど釣果につながらない。

投げ釣りはコストかからず、シーバスの2匹や3匹はお土産に釣れる。
運が良ければ、チヌの顔を見れるかもしれない。
磯竿1本だったんで、投げ竿も買って、PEの道糸手に入れて。

だけど、満足できない。

夜釣りでケミ蛍を見ながら、棒ウキが沈む瞬間を想像してる。
タナは底か?底を切るか?いっそ浮き下1メートルか?
ケミ蛍なんて見てて見てない。

周りが釣り上げるチヌの数とサイズに圧倒され、そうありたいと思い、
唇を噛みながら思いっきり嫉妬してるのに、送る言葉は「おめでとう!」

なんでそこまでして釣りをやるんだろうかと。
費用対効果なんて口にする以前の問題。
スーパーで買えば、いったいどれくらいの魚が食えたか。

でも、やめられないんです。

棒ウキ以外で釣るチヌはチヌじゃない。
決して、他の釣り方を差別しているわけじゃなく。

ウキのトップが水面に消えるその瞬間。
無い頭で考えて、アタリに辿り着いたその刹那。

結局、これが釣り馬鹿なんでしょうね。

残念ながら、私は年に10回ほどの釣行でチヌが1枚あがれば万々歳。
他の釣り方すれば、もっと釣果が出るかもしれない。

でも、そうじゃないんですよね。

違う釣り興味あるけど、その時間をウキ釣りにあてたら・・・って絶対、考えちゃうw

自分のこだわりを、自分で疑問に思っていたけど、昨日たまたま訪れた方のHPを拝見し
もっと自分に自信を持ってみようって思います。

私は私のやり方で。

これが私の釣り道なんでしょうね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
プロフィール

室伏(弟)

Author:室伏(弟)
世界で一番愛する妻との間に出来た子供3人(長女・長男・次女)のとーちゃん。
2013年4月に三重から岡山へ引越し。新しいフィールドで新たに釣りを楽しんでいます。
そして最近では釣りそっちのけでテニスにのめり込む日々でございます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。