スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魚とのやり取りについて

11月になりまして、ようやく釣りに行けます。
(月一アングラーゆえにw)

さぁ、いつ・どこに行こうか悩んでる真っ最中ですが、
ふと、釣り番組を見ていて疑問がムクムクと。

かかり釣りでは、魚をかけた後に、あまりラインは出さないんですかね?


堤防での紀州釣り育ちの私としては、ヤバければガンガンラインを出して、ゆ~っくりと魚を寄せる釣り方をしていたわけで、かかり釣りでもその釣り方をしてました。

これは以前に無理をしてバラした悔しさによるもので、堤防では基本的に潜り込まれる根が少ない事と、チヌはグレと違って、真っ先に根に潜ろうとする魚ではない事が前提にもなっています。

それ故に、竿の力を使って魚をあげるというのが苦手かもしれません。

魚がこっちを向いている時はラインを出しませんが、反転したりするとドラグは鳴りっぱなしです。
(私のブログでジージーと擬音が多いのはその為です)


んで、テレビでは大きくても35センチくらいのチヌでした。
これぐらいなら、ラインを出さずしてやり取りするのが普通?なのかな?
私だったらラインを、気持ち出しながらやり取りしていたと思います。

記憶で新しいのが先日のチャリティー大会。
バラシた2匹の引きは(私視点で恐縮ですが)強烈でした。
少なくてもラインを出さずにやり取りするという選択肢はありませんでした。

単なる慣れの違いかもしれません。

まず、ラインの太さを見ても、かかりのラインが1.5号に対して、
紀州釣りの道糸は2号(ハリスは1.5号)。

竿の長さもかかりが1.5mに対して、紀州釣りは5.3m。

釣り場もかかりは筏でロープの障害物があるのに対して、
紀州釣りは障害物は無し(or少ない)。

釣っていても安心感が違うんですよね。

これも経験不足が原因なのかな。
何度もバラして修行していきます。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【魚とのやり取りについ】

11月になりまして、ようやく釣りに行けます。(月一アングラーゆえにw)さぁ、いつ・どこに行こうか悩

コメントの投稿

非公開コメント

ドラグについて

ラシャオウです♪
確かにそうかもしれませんね~
私も紀州・フカセとやりますがーと比べて糸はだしませんね
理由はかかり釣りはダイレクトに引きの強さが腕に伝わるために糸の強度の限界点が判別しやすいことなんかな~
つまり、長竿では重量と引き込みとを竿で溜めるために急な突っ込みに反応が遅れがちですが、短竿は腕にダイレクトにきますね。
ドラグ機能としても指先の押し力で瞬時に変えらるためにライン強度の限界まで溜められ突っ込みにも対応しやす♪
そのため主導権をチヌに渡さないやり取りができるんでしょうね=
ラインの限界を見極める技を堪能してください。スリリングですよ~^^

No title

>ラシャオウさん
ラインの限界を見極める・・・
難しそうですね^^;

でも、なんとなくおっしゃっている事はわかるような気がします。
魚をかけてからのラインの感じっていうんでしょうか、あれは本当にダイレクトに伝わって来ますよね!

テレビで見てると、思ったよりも強引に?やり取りしているので、私ももうちょっとだけ強引でもいいのかなーと思いました。

いつもありがとうございます^^

No title

室伏(弟)さん、お疲れ様です。
筏やカセの下や周りに障害物が無ければ
良型がヒットした時はラインを出してもいいから余裕をもってやりとりした方が面白いですね。
障害物があれば出せませんが、限界点を超えラインを出したとしても数十㎝でOKです。
ラインの限界点ですが、目安としてロッドのタメが全く効かなり、
ラインだけにチヌの負荷がかかるようになると、そのタイミングが限界点です。
ロッドのタメが無くなるとラインが太くても切られることが多いですね。
そうなれば、少しだけ出してやり、またロッドのタメを戻してやります。
何回か良型に切られると、腕やサミングする指が勝手に覚えてくれますよ。
私なんて数え切れないほど切られました〜。



No title

僕も大きいのかけた時はライン出しますよ!生意気にもレバーブレーキリール使ってまして、最近ハリスがどんどん細くなってきてる(1.2や1号なんかも使ってます。)事もあってロッドがのされそうになった時は躊躇なくレバーを緩めて糸を出します。無理して前みたいにロッド折れたら嫌ですから。
 これから冬場にかけては南伊勢の奈屋浦辺りに通ってみようかと考えています。一度行ってみて(その時はゴンズイって嫌な毒魚祭りでしたが・・・)湾奥で水深もあってチヌが居着きそうな雰囲気でしたよ。

No title

>tanix777さん
いつもありがとうございます。

>限界点を超えラインを出したとしても数十㎝でOK
参考になります。
いつもビャーって出しているんで体感1mは出しているかもしれません。
もうちょっとこの辺はシビアに調整すればよいのかもしれませんね。

ラインの限界点っていうと、やり取り中にラインが「ギギギ」っていうんですかね。
「これ以上、伸びひんからぁ~~!」っていう叫びを感じることがあるので、きっとそれが限界点なんでしょうね。

でもまだまだ、バラシへの恐怖心がまだ勝ってしまっているので、もっともっと経験積みたいです。

No title

>eisaiさん
ハリス1号とか使ったことないですわ~。
細くても1.2号かな。フカセとの違いかもしれませんね!

障害物や隣に人がいなければ、ガンガンラインだして余裕の取り込みが一番安心ですよね~。
レバーブレーキも一時期悩んだけど、買わず仕舞いだ~。

これから奈屋浦ですか。
贄浦は何回か行ったことありますが、奈屋浦は未経験です。
しかもこれからの時期は紀州釣りは絶望的な時期に・・・。
ちょうどフカセとの交代時期ですね。
水深があると、ドキドキ期待しちゃいますよね~。
それ、すごいよくわかります^^

なんとか予定合わせて一度、ご一緒したいですね~。
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
プロフィール

室伏(弟)

Author:室伏(弟)
世界で一番愛する妻との間に出来た子供3人(長女・長男・次女)のとーちゃん。
2013年4月に三重から岡山へ引越し。新しいフィールドで新たに釣りを楽しんでいます。
そして最近では釣りそっちのけでテニスにのめり込む日々でございます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。