スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月度 目標

【テーマ】
・ストロークフォームの改善(クローズスタンス)
・サーブフォームの安定化

【詳細】
①ストロークフォームの改善(クローズスタンス)
オープンスタンスの修正。
しっかりとボールの横に入り、後ろから前のシフト移動をしながらショットする。
その中で、左手を前に出すことと、ラケットヘッドを下げることを意識する。

・サーブフォームの安定化
小手先のショットに頼らずに、右手の動きを意識して、高い位置でショットする癖をつける。
トスさえしっかり上げられれば、安定すると思う。高い位置でインパクトすることで、早く鋭いボールを打つ。



・ストロークフォームの改善(クローズスタンス)

・サーブフォームの安定化

<その他>

<今日1番のトピック>

<まとめ>

続きを読む

スポンサーサイト

10月度 目標

【テーマ】
・インパクトの瞬間を見る癖をつける(ストローク)
・ストロークフォームの改善
・サーブの安定化

【詳細】
・インパクトの瞬間を見る癖をつける(ストローク)
前月のボレー時に引き続き、今月はストロークの際のインパクトの瞬間をみる癖をつける。
ストロークについても、「しっかり見ているか?」と言われると、断言できない状況なので、断言できるように意識することと、ストローク時の打点の位置を見直す意図がある。打点位置については基本的に体に近い場所でインパクトしているので、結果としてフォームが小さくなってしまい、無理にラケットを振るような状態になっている為、安定していないということが考えられる。
改めて打点位置を確認することで、今後の課題に繋げていきたい。

・ストロークフォームの改善
いまでも苦手意識のあるストローク。以前よりは苦手意識が少なくなったが、果たして手打ちになってはいないだろうか?腰を落としているだろうか?無理に回転をかけようとしていないか?余裕のある時にもオープンスタンスになっていないか?こういった部分を見返し、自分の武器となるように昇華させていきたい。

・サーブの安定化
先月より課題とは別に取り組んできたサーブであるが、インパクト時の抜け方に違和感を感じる。スッキリと打てていないので、フォームが悪いのか、トスが悪いのか、今月は課題として取り上げ、確認していく。
最終的には自然に流れるようなフォームで引っ掛かりがない感触で打てることを目指していきたい。

なお、前月に引き続きスプリットステップは当然のように行うことし、より早い反応を心掛ける。
特にリターンについては、前月で目標に取りあえず到達したが、引き続き意識して行うこととする。



・インパクトの瞬間を見る癖をつける(ストローク)

・ストロークフォームの改善

・サーブの安定化

<その他>

<今日1番のトピック>

<まとめ>

続きを読む

9月度 目標

【テーマ】
・インパクトの瞬間を見る癖をつける
・リターン率の向上
・メンタルの強化

【詳細】
<インパクトの瞬間を見る癖をつける>
打つ(打ちたい)方向ばかり気にしてインパクトの瞬間を見ていない事がある。
その結果、例えばローボレーなどは、顔の真横でボレーする必要があるのに、それが出来ない。ストロークではインパクトが不安定で、打ったボールがなぜその動きをしたのかわからず、成長に悪影響である。
「見る」だけで、驚異的に安定するようになったし、なぜそのボールになったか?という推測が出来る様になるので、反省することが出来るようなる。

<リターン率の向上>
9/3現在、リターン率は30%ぐらいの体感。
まずは50%を目指し、その後は80%を目標とする。
リターンのミス結果を見ると、ネットするよりもアウトになる場合が多い。
この要因として、①インパクトの瞬間を見ていない為、ラケット面が不安定になり、面が上向きになってアウトするのではないかと推測する。
②バック側に苦手意識があり、且つサーブのスピードに対応できるようなスイングを持っていない為、技術的にリターン率が下がると共に、苦手意識により精神面に悪影響が及び、体が硬くなり、より確率がさがる結果となっている。

上記の対策として、
①インパクトの瞬間を必ず見る。
②ラケットは振り切るように意識する(ナチュラルスピンでフラット防止)
③テイクバックは短く、大振りしない。(大振りは振り遅れの原因)
④バック側はブロックで対応する(ロブで返すイメージ)
⑤練習においては常に確立を頭に置き、出来た・出来なかったを確認する。

<メンタルの強化>
ミスが続く、あるいはうまく出来ない(特にサーブ)場合に自分を追い込み、悪影響を及ぼしている。例えば、ミスしてもいいメンツの場合、不安なく出来るので、体が硬くなることもなく、スムーズなスイングをすることが出来ている。

この対策として、プレッシャーを感じた際には、「ゲーム全体」で考えるのではなく、「この一球」を意識して取り組む。サーブでファーストが入らなくても、セカンドを入れようと考えるのではなく、ファーストであってもセカンドであっても、「この一球」に意識を向け、余計なプレッシャーを取り除く。さらには素数を口にすることで、頭の中から無駄なプレッシャーを取り除き、スムーズなテニスを行うように促す。

以上を9月の課題目標として取り組んでいく。



<インパクトの瞬間を見る癖をつける>

<リターン率の向上>

<メンタルの強化>

<その他>

<今日1番のトピック>

<まとめ>

続きを読む

某市 シングルストーナメント大会

テニス シングルストーナメントに参加。

本戦は1-6で初戦敗退。

コンソレは6-1で初戦突破するも、2戦目に惜しくも5-6で敗退。

課題は挙げたらキリがないけど、前回(7月)のシングルス戦と比べて進歩も。

前回のシングルスはナイターでしたが、今回は日中での試合。
その割に疲れがあまりなかったので、体力の底上げがされている。

サーブは良い点と悪い点。
良い点は、前回までの”ナンチャッテ スライスサーブ”に比べ、
フラットサーブになった為、スピード&威力が増した。
これにより、相手にリターンの選択肢を狭める事が出来る。

悪い点は、前回までのサーブに比べ、ダブルフォルトが増えたこと。
この制球力の悪さにより、自分の首を絞めることもあった。
つまり、入る時と入らない時の差が激しく、自分のサーブをキープ出来なかった。

あとは、前回から課題としていたストロークに、思ったよりも進歩がなかったのは残念。
これは自分の意識と他に、明らかにストロークの練習が少ない事も原因だと思う。
つまり、成りたいフォームが、自分のフォームとして身についていない
だから練習はもちろん、試合で出来るわけがない。
今後はこの経験値不足をどう補うかが課題か・・・。

今まで自分はどういうプレーヤーになるかわからなかったけど、
サーブ&ボレーが自分にとって一番合っているスタイルなのかもしれない。
(出来ればオールラウンドプレーヤーが本当はいいんだけど(笑))

無意識の動き

無意識とは?をググったらwikiが出てきたけどチンプンカンプン(笑)

さて、先日よりステップを意識することにより、自分なりにですが、動きが軽やかになった気がします。
特にボレーにおいては、今まではラケットに当てるだけだったのが、ステップが出来る様になって重心移動が加わり、より強くより速く打つことが出来る様になりました。

ただ、意識している分、返球に対して遅れが生じるのも確か。
頭でステップを意識してから次の動きを考えるので、その分遅れが出るんですね。
これが”無意識”の状態で出来る様になれば、より良いテニスになるんでしょうが。

”無意識”の状態にするにはどうするか?
何度も繰り返して練習するしかないですよね。
練習して固めて、悪い部分をそぎ落として、また固めて・・・。

今はそれが足りないなぁ。
少しずつ出来てきてはいるけど、まだまだ・・・。

「ステップを考え、フォームを気にして、当てることに集中」から
「狙いを定めて、当てることに集中」に昇華出来る様に。

まだ出来ないことばかりだけど、出来ることも少しずつ増えてきている。
無想転生を繰り出すテニスを実現するぞ!(笑)
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
プロフィール

室伏(弟)

Author:室伏(弟)
世界で一番愛する妻との間に出来た子供3人(長女・長男・次女)のとーちゃん。
2013年4月に三重から岡山へ引越し。新しいフィールドで新たに釣りを楽しんでいます。
そして最近では釣りそっちのけでテニスにのめり込む日々でございます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。